矯正歯科 歯列矯正 札幌 すこやかで美しい歯並びと口元をあなたのために!たまき矯正歯科医院

勉強会での発表

勉強会での発表

みなさん、お久しぶりです!!
あっと言う間に今年もあと1ヶ月となりましたね。
私もそろそろ家の大掃除を始めようかなと思っているところです。

札幌市 たまき矯正歯科 勤務医 玉木聖子です。

さて、先日私が所属しているスタディーグループ(札幌臨床歯科研究会)での
発表がありました。

発表の順番が年に1回のペースで回ってくるのですが、
まず何について発表しようかということからあれこれと考えて、
今回は「埋伏歯」というタイトルで発表することにしました。

「埋伏歯」というのは本来生えてくるべき歯が何らかの原因で生えてこれないで、
骨の中に埋まってしまっている歯のことです。

土台となる骨の大きさに対して、1本ずつの歯が大きすぎて歯が出てこれる
スペースが足りないせいで起きてしまったり、
遺伝的に生じてしまう場合などもあります。

特に矯正治療を必要としている患者さんの中には見られることがよくあります。

発表するテーマが決まったら、
次はどんな内容でどんな流れで発表していくかを決めます。

テーマを決めるにも一苦労したのですが、内容を決めるにももう一苦労しました。

図書館に行って関連本を読みあさって、それでもなかなか決めれず(>_<)……
内容の流れが決まらないと実際の発表作りが進まず、日にちだけが迫ってきて、
気持ち的には追い詰められます。

それでもひたすら“埋伏歯”についての勉強をし続け、自分の中にある知識を整理し
肉付けしていくうちに、少しずつ流れが出来はじめプレゼンを作り始めます。

もちろん平日は診療があるので、お昼休みの時間や診療後、
休日は全て発表作りに充てていました。

この期間は家のことなど家事はややおろそかになってしまいましたが(^_^;

今回の発表直前に徳島で日本矯正歯科学会出席があった為、
行く前にはほぼ完成させてあとは練習の段階までなんとか持っていきました。

ちなみに学会が徳島だったので、讃岐うどん食べてきましたよ!!
あと鯛めしも☆(下の写真が鯛めし)

鯛めし

学会から帰ってきたら、即発表当日を迎えました。

発表直前

始まる瞬間です。準備をしてても前に立つと緊張します。
声の震えは去年よりもましだったかもしれません(笑)

埋伏歯についての発表

質疑応答でもいろんな先生から、様々な観点で質問を受けて
ディスカッションすることでも大変勉強になりました。

終わった後のお酒はやっぱり美味しかったです(^-^)

(たまき矯正歯科勤務医 玉木聖子)

☆コメント期待してます!お名前はニックネームでもOK。
認証コードは記載されている4桁数字を打込んで下さい。

コメント


認証コード6602

コメントは管理者の承認後に表示されます。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional