矯正歯科 歯列矯正 札幌 すこやかで美しい歯並びと口元をあなたのために!たまき矯正歯科医院

ナイトランニング

ナイトランニング

Tag: 院長のブログ ランニング

今年の札幌の夏はまだ涼しい今日このごろですが、
あなたはいかがお過ごしでしょうか。

たまき矯正歯科院長の玉木弘孝です。

きのうの夜、ナイトランニングを楽しんできました。

ルートは自宅から3kmほどで北大農場脇に出て、南の方へ外周を半周し
西側の北8条正門から北大構内に入り、北18条までの北大メインストリートを
1往復半してから北18条地下トンネルの真上を西に抜け、恵迪寮脇を通り、
さらに札幌競馬場沿いから八軒に抜け宮の森北24条通って帰って来ました。
約12kmのコースで、1時間10分ほどかけてのんびり走ってきました。

北大外周あたりから同じようなナイトランナーたちと何人かすれ違うようになり、
北大構内に入るとその数はさらに増え、向かいからすれ違うだけでなく、
のんびり走る私を追い越して行く飛ばし屋ランナーさえ2〜3人現れるほどです。

北大構内ランニング

土曜の夜8時半過ぎというのに、北大生ばかりでなく、
私のように部外者ランナーたちも、信号も無く車の通りもほどんど無い
静かで緑豊かな夜の北大構内を楽しんでいるかの様でした。

30数年前、北大歯学部スキー部の夏場のトレーニングで足腰を鍛えるため、
よく走っていたこの構内と外周コースを久しぶりに味わい、懐かしくなりました。

歯学部の授業や実習が終わったあと、急いでトレーニングウエアに着替え、
何回も走ったこの暗い道も、今はこぎれいな街路灯がロマンチックに足下を照らし、
ウォーキング用にすっかり整備され美しく様変わりしていました。

もちろん昼間何らかの用で北大に来たときにその変化を目にしてはいるのですが、
静かな夜の構内を久しぶりにあらためて走ってみると、むかし走ったころの記憶が、
そのときの匂いや土の感触も一緒によみがえり、身にしみる懐かしさと同時に
その変化の大きさと時の流れの速さを痛感させられます。

北大構内ランニング

むかし学んだ母校を単に再訪し若き日を懐かしく思い起こすのではなく、
40年近くもたって、あのときと同じ夜の時間帯にあのときと同じ道を、
クラブで毎日黙々と走っていた同じ息づかいの自分を
今の自分と重ね合わせて、
何か大きく変わっているようで本当は何も変わっていない様な、
急に一瞬何十年も前にタイムトリップして戻ってきた様な、
ふしぎで感慨深いナイトランニングでした。

(札幌 たまき矯正歯科 院長 玉木弘孝)

☆コメント期待してます! 下のコメントの文字をクリックしてください。


コメント


認証コード9528

コメントは管理者の承認後に表示されます。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional